白山市の地酒として吟醸酒、大吟醸酒、
山廃仕込みの日本酒を製造いたしております
トップページコラム日本酒度
日本酒 地酒コラム
日本酒度
日本酒度とは日本酒の比重をある数式に当てはめて換算した値です。
測定は比重計と同じような形の浮ばかりを用います。
比重の小さいものは+(プラス)、比重の大きいものは-(マイナス)になります。
日本酒の比重はアルコール度数とエキス分の含有量によって決まります。
日本酒に含まれるエキス分はそのほとんどが糖分です。(糖分といっても原料の米が米麹の酵素によって溶解しデンプンが分解された結果生成したものです。)
すなわち、同じアルコール度数のものでは、エキス分が少なく比重が小さいものは糖分が少ないので「辛口」、エキス分が多く比重が大きいものは糖分が多いので「甘口」というわけです。
一般の日本酒の日本酒度はかなり辛いもので+10からかなり甘いもので-10程度でしょう。
このように日本酒度は辛くなるほどプラスの値が大きくなり、甘くなるほどマイナスの値が大きくなります。

しかし、日本酒の甘辛を日本酒度だけで決め付けることには無理があります。
人間が感じる甘さや辛さというものは、比重だけで決まるものではないからです。
日本酒には味わいを構成する重要な成分である「酸味」が含まれます。この「酸味」の度合いが感じる甘さや辛さに影響を与えています。
例えば、吟醸酒などの酸味の少ないものでは日本酒度がかなり大きなプラスの値(+5~+7)を示しても辛いという人はあまりいません。これに対して純米酒などの酸味の多いものでは日本酒度がプラスの値が大きくなくても辛く感じます。
このように、比重(日本酒度)と酸味の度合いにより甘辛の感じ方が異なりますので、日本酒度だけで甘辛を判断することは出来ません。
ただし、酸味やアルコール度数が同じ程度であれば日本酒度で甘辛を比較できます。


このページトップへ